糖尿病患者がマヌカハニーを摂取するメリットデメリット

糖尿病患者がマヌカハニーを摂取するメリットデメリット

糖質が主成分のマヌカハニーは、糖尿病には厳禁と思っている方も多いでしょう。ですが、近年のマヌカハニーの研究では糖尿病を予防したり、血糖値をコントロールできる可能性があることが分かってきています。対処療法しかなく、完治させる治療が確立されていない糖尿病ですが、マヌカハニーを摂取するのは悪いことではないのです。

 

砂糖

 

マヌカハニーのメリット

 

糖尿病患者がマヌカハニーを摂取するメリットは、マヌカハニーが低GI値食品ということです。糖尿病はインスリンの分泌量が不足することで、高血糖の状態が続く病気です。逆に言うと、血糖値を急激に上昇させなければ、糖尿病の症状を緩和することが期待できます。

 

低GI値食品は糖の吸収が穏やかなので、血糖値の急激な上昇を抑えられます。この効果によって血糖値を安定させられることが、糖尿病患者への一番のメリットです。

 

マヌカハニーのデメリット

 

普通の体の人が摂取する分には、値段が高いこと以外何のデメリットもないマヌカハニーですが、糖尿病患者の場合注意が必要です。糖尿病の人は、血中のメチルグリオキサールの濃度が高いことが分かっています。

 

メチルグリオキサールはマヌカハニーの有効成分ですから、大量に摂取すると内因性MGO(メチルグリオキサール)が増加する可能性があるのです。

 

2型糖尿病患者の内因性MGOが増えると、動脈硬化や高血圧が進行するリスクが高くなるので、摂取量に注意しなくてはいけないのが唯一のデメリットです。

 

糖尿病患者の適量とは?

 

糖尿病の方にとっては、例えGI値が低いマヌカハニーでも摂取するのが不安かもしれませんね。確かに、いくら血糖値が急上昇しないとしても、糖質が主成分ですから摂取量には気をつけましょう。

 

糖尿病の状態によって適量は異なりますが、基本的には20mlを超えないようにするのがベストです。ただし、インスリン注射など薬物治療を行っている方は、必ず医師に相談してから摂取してください。

 

マヌカハニーを摂取したからといって、糖尿病を改善できるというわけではありません。しかし、血糖値コントロールへの効果が期待できるので、うまく取り入れて予防や改善に役立てていけるといいですね。

マヌカハニー通販ランキング