マヌカハニーでストレス対策できる?セロトニン分泌の効果

マヌカハニーでストレス対策できる?セロトニン分泌の効果

ストレス社会と言われる現代社会ですが、ストレスが溜まると自律神経のバランスが乱れ様々な不調が起こります。マヌカハニーはそうした自律神経の不調に、つまりストレス対策にいいとされています。

 

マヌカハニーは殺菌力の高さで知られていますが、ホルモンバランスを整えたり免疫力をアップする効果もあるようです。ストレスが溜まると自律神経が乱れ、自律神経失調症から疲労感の蓄積や胃痛など様々な症状が現れると言います。

 

そこにマヌカハニーを取るとストレスへの耐性が高まり、さらにリラックス効果が得られるのでストレス緩和にもつながると言うのです。さらに整腸作用があり善玉菌を増やして悪玉菌を減らすマヌカハニーは、胃腸の調子を整えてくれるでしょう。炎症を抑える働きもありますので、ストレスによって荒れた胃にも優しい作用をもたらしてくれます。

 

もしストレスを感じていてこれからマヌカハニーを取ろうと考えている場合は、牛乳を一緒に取ってみてください。牛乳を一緒に接種するとセロトニンの合成が効率よくなると言われています。セロトニンは幸せホルモンと呼ばれており、精神安定を図ることができると言う報告があります。

 

神経伝達物質であるドーパミンやノルアドレナリンなどの分泌を抑えることで、幸福感を感じられるようになるでしょう。不安感や恐怖感といった、ストレスに付随するものを抑えることができるのです。

 

また脳はブドウ糖を栄養として働きます。マヌカハニーにはブドウ糖が含まれていますし、体内での代謝も早いので脳が活性化すると考えられます。能に栄養が行きわたると副交感神経が優位になるためリラックス効果が期待でき、緊張状態も緩和されます。

 

さらにマヌカハニーに含まれる果糖にも血糖値の低下を防ぐ効果があるので、体が自覚症状なしに感じるストレスにも対応できると思われます。吸収される時間はだいたい20分程度ですから、胃腸への負担も少なく済むのです。

 

仕事などストレスを感じる時間帯の20分前に取ってみるといいでしょう。もちろん本来の抗菌作用も持ち合わせていますので、マヌカハニーはストレス社会に適応した食品と言えるのです。

 

ストレスによる自律神経失調症やうつ病患者は年々増えており、死を選択する人までいます。大事な仕事を抱えている方や責任感の強い方、プレッシャーがある方などストレスを抱えやすい方はマヌカハニーを試してみてはいかがでしょうか。

マヌカハニー通販ランキング