マヌカハニーは授乳中でも大丈夫?母乳への影響とは?

マヌカハニーは授乳中でも大丈夫?母乳への影響とは?

マヌカハニーは栄養が豊富なので、特に栄養が必要な授乳期には取り入れたいというママもいるでしょう。ただ、1歳未満の乳幼児ははちみつが厳禁ですから、摂取するのは不安もありますね。母乳から、マヌカハニーに含まれるボツリヌス菌が赤ちゃんに入ってしまったら大変ですが、母乳への影響はあるのでしょうか?

 

乳児

 

授乳中でも摂取していいの?

 

結論から言うと、授乳中に摂取しても大丈夫です。マヌカハニーは合成物質ではありませんし、化学薬品でもありません。サプリのような添加物も入っていない天然由来の成分ですから、母体にも赤ちゃんにも悪影響を与えることはないのです。ボツリヌス菌に関しても、直接摂取するのはママで赤ちゃんではありませんから、ボツリヌス菌症を気にしなくて大丈夫です。

 

マヌカハニーの必要性

 

産後の体は、出産によって体力が消耗していますし、睡眠時間も十分に取れないため疲弊しています。そのため免疫力や抵抗力が落ちているので、普段よりもたくさんの栄養を摂取する必要があります。ですが、2時間置きの授乳にオムツ換えと、自分の食事を気遣う時間がありません。

 

マヌカハニーはスプーン1杯でいろいろな栄養がバランスよく摂れるので、授乳中のママでもしっかり栄養補給ができます。はちみつなので不安を感じるママも多いようですが、マヌカハニーは逆に授乳中には必要不可欠な食材だと評価する声も多いです。

 

母乳への影響は?

 

口から摂取したものは栄養素と不要物に分けられて、栄養素は母乳となって赤ちゃんに送られます。ですので、マヌカハニーの影響を心配するかもしれませんが、マヌカハニーは天然の栄養食品です。例えばほうれん草や卵などの食材と同じですから、影響も心配する必要はありません。

 

逆に栄養が不足すると、母乳の出が悪くなったり質が低下して、赤ちゃんの成長も滞ってしまうので、マヌカハニーでたっぷり栄養を摂取しましょう。ただしマヌカハニーには合成品や偽物があり、こういった粗悪品による影響は分かっていないので、必ず正規品を摂取するようにしてください。

マヌカハニー通販ランキング