マヌカハニーで腸内細菌叢はどう変わる?

マヌカハニーで腸内細菌叢はどう変わる?

腸内環境が健康に大きく関わっていることはよく知られていますが、環境を整えるという意味は分からない方も多いのではないでしょうか。腸内環境の鍵となるのは腸内細菌叢の状態で、これらの割合によって良くも悪くもなります。マヌカハニーには、この腸内細菌叢に働きかける効果を持っていることから整腸作用が期待できるのですが、どのように働くのでしょうか。

 

お腹

 

腸内細菌叢とは?

 

腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)は聞きなれない言葉かもしれませんが、腸内フローラなら聞いたことがあるのではないでしょうか。腸内細菌叢は腸内フローラと同じもので、腸内に住む細菌の集合体です。腸内には100種類以上の細菌が住んでいて、種類ごとにまとまって生息しているのですが、その集合体がお花畑に似ていることから腸内フローラと呼ばれています。

 

腸内環境が整っている場合は、腸内細菌叢は善玉菌が2割で悪玉菌が1割、日和見菌が7割となっています。しかし、腸内細菌叢のバランスが崩れると、胃腸トラブルが起こってしまうのですね。

 

マヌカハニーは善玉菌を活性化する

 

マヌカハニーの主成分である糖質には、オリゴ糖が含まれています。オリゴ糖は善玉菌の餌となるので、弱っていた善玉菌が活性化して割合が増えていきます。つまり、悪玉菌が優勢になったせいで崩れてしまった腸内細菌叢のバランスを整えることができるのです。腸内細菌叢のバランスが整うことは、同時に腸内環境を正常化できますから、さまざまな胃腸トラブルの改善効果につながります。

 

マヌカハニーは悪玉菌にも効果的

 

マヌカハニーは善玉菌を活性化するだけではなく、殺菌作用によって悪玉菌を減らす効果も期待できます。腸内細菌は100兆個以上存在すると言われていますが、この総数は一定に保たれています。悪玉菌が減少すれば、善玉菌が必然的に増加するので、腸内細菌叢のバランスがより一層整いやすくなるのですね。

 

腸内細菌叢のバランスは自分でコントロールできませんが、マヌカハニーを摂取することで整えられるので、毎日摂取して快適な環境を作っていきましょう。我が家ではヤクルト400(乳酸菌シロタ株)と併用してマヌカハニーを愛飲し、腸内フローラのケアを行っています。

マヌカハニー通販ランキング