マヌカハニーの栄養成分やカロリー

マヌカハニーの栄養成分やカロリー

マヌカハニーの効果は、メチルグリオキサールという抗菌成分によって得られます。ですが、他にもたくさんの栄養成分が入っていて、メチルグリオキサールとともに働くことであらゆる効果が得られます。ここでは、マヌカハニーの栄養成分にフォーカスしながら、太らないようにカロリーもチェックしていきます。

 

モデル女性

 

マヌカハニーの主成分

 

マヌカハニーの主成分は、ブドウ糖や果糖、オリゴ糖などの糖質です。グルコースというブドウ糖は脳のエネルギー源となりますし、フルクトースという果糖は体を動かすエネルギー源となります。

 

オリゴ糖は腸内の善玉菌の餌となる糖ですから、腸内環境を整える効果が期待できます。この主成分についで豊富に含まれるのがビタミン類とミネラル、アミノ酸、ポリフェノールなどです。どれも健康や美容に欠かせない成分をバランスよく摂れるのがマヌカハニーの魅力ですね。

 

栄養成分をしっかり摂取するには?

 

食材に含まれる栄養成分というのは、加熱をするとほとんどが失われてしまいます。マヌカハニーははちみつの一種ですが、それでも栄養価が高いのは加熱処理されていないからです。

 

市販のリーズナブルなはちみつは加熱処理をしていたり、製造過程で添加物が加えられるので、栄養価が低いのです。ただし、マヌカハニーでも加熱をすると栄養が失われてしまうので必ずそのまま摂取しましょう。

 

マヌカハニーのカロリーは?

 

これだけ豊富な栄養成分が含まれているのですから、マヌカハニーは毎日たくさん摂取した方が良さそうに思えます。ですが、いくら健康食品であっても主成分は糖類ですから、食べ過ぎはカロリーオーバーです。

 

砂糖と比べるとカロリーは2/3程度ですが、それでも低いとは言えません。産地や原料、濃度によってカロリーは異なるものの、大さじ1杯で約60kcalですから食べ過ぎには注意しましょう。

 

栄養が豊富でもダイエット中という場合は、マヌカハニーの摂取をためらってしまうかもしれません。ですが、カロリーは低くないとしても、血糖値の上昇に関わるGI値は48から67と低GI値の部類になるので、食べ過ぎなければダイエットの邪魔にはならないでしょう。

マヌカハニー通販ランキング